寺坂農園さんがれ組農園のメロンを食レポ!

こんにちは、れ組農園の赤桐です。

 今日は朝から頭痛があり、目の奥が痛く、絶不調でした。さきほどハウスに入る時、頭を強打したら、今度は、ぶつけたところが痛くて、頭痛が気にならなくなるというまさかの怪我の功名?・・・。ハウスの出入口は風対策のため、ドアを支える出っ張りがあるんですよね。私の身長だとカドが頭直撃なんです。ちょっと違う方法考えようかな。

 さて、本日は、ビックニュース!

 なんと、おそらくは日本で一番有名な北海道のメロン農家 寺坂農園さんがれ組農園のメロンを食レポしてくれました!
 れ組農園は、茨城県立農業大学校(農大)および幸田先生(最近、農大に復帰)、そして、北海道の寺坂農園さんにアドバイスを頂いて栽培技術の向上に取り組んでおります。私、農大と幸田先生に栽培の基本を教えて頂きました。今期からは更なるレベルアップを目指して、寺坂さんにもアドバイスを頂いております。動画のメロンも寺坂さんにアドバイスを頂いて、施肥設計を実施しました。ちなみに寺坂さん、そこまでやる?というくらいメロン栽培には拘ります。めっちゃ勉強家で、しかも自身がきっと血を吐きながら身につけたであろう技術を惜しみなく提供してくれます。心から感謝です。

 そして、普段からメロンに関わっている人に、自分のメロンを食べてもらうというのは重要ですね。本動画中の皆さんの感想がとても勉強になります。例えば、普段、私たちはアールスナイトを生産しているので、アールス系のメロンを中心食べていますので、その味に慣れてしまっているのですが、違う品種を生産されている方からするとこういう感想になるのか!と発見がありました。

 ぜひ、こちらをご覧ください!

『アールスナイト春秋系2号』の食レポ:北海道 富良野 メロン農家の寺坂農園

 ところで、私、そんなに酒飲んだかな?w こちらは出張で行っているので、毎日でも飲みに行ってスタッフの皆さんとコミュニケーション取りたかったのですが、農園の皆様には日常ですから、農繁期に毎日、誰か引っ張り回すわけにもいかず、だいぶ遠慮しておりました。私も勉強しに行っているので、4:00 か 5:00 には起きてハウスまわってましたし、あまり無茶するのも・・・。

 寺坂農園さんはスタッフも素晴らしい!のです。社員はもちろん、アルバイトの方も。特に、季節労働の皆さんは、どういう価値観でここに来てるんだろうとか、非常に興味がありましたし。れ組農園も近い将来、スタッフ集めの問題にはぶつかりますので。ほんと隅から隅まで勉強させて頂きました。

 最後に、住み込みのスタッフの皆さんはワーホリみたいな感じなんですね。この雰囲気久しぶりでしたねー。ヨセミテの Camp 4 とか、ニュージーランドのバックパッカーズやホリデーパークのバックパッカーサイトの雰囲気に似ていて、メロンの勉強をしながら、久々にそういう雰囲気を楽しんでしまいました。そのまま一夏居つこうかと思ったのですが、さすがに・・・。

 (この動画に、関係ないけど、アスパラもめっちゃ旨かったなあ。来年も取り寄せよう)

 そういうわけで寺坂農園の皆様、寺坂社長、今後ともよろしくお願いいたします。

※ アイキャッチ画像は寺坂さんのメロン

 

error: 操作できません。
タイトルとURLをコピーしました